出産祝いに、もらって嬉しいものvs嬉しくないもの|本音がぽろりぃ…

The following two tabs change content below.

びなっち(Keino Naoko)

いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、美容と女性起業に詳しいです!!
 
無事、産んだぞぉーーー!
 
 
出産祝いが届き始めました…
 
 
ありがたやぁ〜
 
 
本音を申し上げますと、出産祝いでいただいたのに使わないものってあるのです。
 
 
そこで、もらって嬉しいものと、嬉しくないもの調査してみました!
 
 
どーも、びなっちです。

 

 

当然、嬉しいですよ!

 

出産祝いをもらって、嬉しくないことなんてない!!

 

 

ただ…

 

ただ…

 

一言、申し上げますと…

 

使えるものがほしーい!

 

本音がぽろり

 

だって、せっかくの贈り物なのに使えないのは、もったいないですよね。

 

 

しかし、初出産だと「何がいいのかなぁ?」とリクエストされても、必要なものがわからないというのもありますよね。

 

そして、出産祝いを贈る人に、知ってもらいたいことをお伝えしていきます。

 

▼ 出産後、100日目の行事『お食い初め」の記事です!

お食い初めは自宅?外食?どっちがおススメ?儀式やご祝儀など、私の体験談

 

びなっち調査:商品紹介サイトの「出産祝いに贈ったもの」

第1位 洋服(80cmくらい)
 
★「何枚あっても、困るものではないから」という理由で選ばれるようです。

 

第2位 おもちゃ(知育玩具)
 
★現代を象徴するかのように、面白がるだけではなく、脳の発達に役立つ知育おもちゃを選ぶようです。

 

第3位 名入りの品(食器、スタイなど)
 
★記念品にもなる名入り商品。誕生日を入れてさらに思い出にしてあげるようです。

 

 

贈る側にも、こんな事情がありました。

 

あなたも、経験ありませんか?

 

贈る人が、欲しい物を聞いたか?

 意外にもリクエストを聞かずに、ネットで調べて贈り物をする人が多いようです。
なぜ、欲しいものを聞かなかったのか?
  • 出産後に連絡したら、申し訳ない
  • 気を遣って、本当に欲しいものを言わないのじゃないか
  • 予算オーバーだったら困るから
リクエスト聞かない理由としては、「予算の問題」は大きそうです。

 

「このくらいの予算で、何が欲しい?」とは聞けないのが理由。
当たり前すぎること!?
 
贈り物なのに、最初から予算を言われたら、「なんだ、この人?」と思いますよね。

 

贈る側からすると、出費になるので、わからないでもないのですが…

 

びなっち調査:もらって嬉しかったママの本音

第1位 消耗品(オムツ、お尻拭きなど)

 

★よく使うものをもらえると助かるというのが理由です。

 

びなっち
 

「オムツケーキ」は嬉しかったです!

おもちゃやスタイなどと一緒にデコレートされて見た目も可愛いし贈り物として最高でした!!

 

 

 

オムツの種類は「パンパース」を扱う「オムツケーキ」がおススメですね。

 

出産した病院が「パンパース」を使っていたのと、他の乳児用のオムツを試しましたが、吸収性が違います!
 
おしっこの後もお尻がサラサラしているし、水っぽいウンチの拭き取りも楽です♡

 

ちなみに、パンツタイプのオムツは「メリーズ」がおススメ。アクティブになる幼児には、通気性がポイント。

 

 

第2位 ギフト券、現金
 
★自分で好きなものが買える。無駄にすることがないと理由が圧倒的です。
 
第1位と第3位でも「好み」がありますから。
 
びなっち
 

現金」は生々しいですよね(笑)

両親や兄弟からは、是非、「現金でお願いします!」と言ってましたが、友人・知人などには、なかなか…

そんな中、「Amazon ギフト券」は、すっごく嬉しかったですよ。

我が家は「プライム会員」でしたし(笑)出産後の買い物は、なかなか行きたい時に行けません。

だから、オムツの定期便などを使いAmazon(アマゾン)にはお世話になってます♪

 

 

 
第3位 洋服

 

★1日に何回か着替えをするので、数多く欲しいという意見からです。

 

でも最近では、ママ友同士のリサイクルで洋服が充足している人も多いようです。

 

びなっち

「お祝いしてくれた人! ほんとすみません(汗)この記事読んで欲しくない…

けれど、正直にお伝えすると、わたしは、出産祝いに洋服を贈らない派です。

 

どちらかというと、ママ友同士のリサイクルでいいとも思います。

 

すぐ、着れなくなるし。

 

一番は、「ママがどんな人?」いうことです。

 

もしも、洋服に気を遣うオシャレなママだったら、自分の好みを服を着せるでしょう。

 

着せ替え人形か!?

 

てね。

 

わたしの経験から、1歳くらいになったら着れる上下のセットで、スカートだったのです。

 

「スカート」とは、難しいな…

 

なかなかコーディネートできずに、結局、着なかったのです…。

 

申し訳ない!

 

見た目が可愛いのもいいのですが、実用的な普段着がいいのかと思いますよ。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

もちろん、基本、お祝いしてくれるという気持ちは、とっても嬉しいのです!

 

それには、間違いありません!!

 

でも、贈る側も「喜んでもらいたい」という気持ちから贈り物をするわけです。

 

人気でおススメなのが「オムツケーキ」です。

 

これは、使わない赤ちゃんはいないと言い切れます!

 

 

少数派で、「布おむつ」もいるにはいますが、併用しているママさんがほとんどです。

 

 

オムツは、日々必要なものなので、Amazonで定期便にしてたくらいです!

 

 

「贈り物にオムツだけでは、味気ない…」という声に応えたのが、「オムツケーキ」でした。

 

 

オムツケーキおススメをご紹介

 

★キャラクターのおもちゃなどのセットされた「オツムケーキ」のおススメ

 


 

この【すまいる】のおむつケーキを詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧くださいね。
 オムツは「パンパース」です。

 

 

★おしゃれで名入りのスタイなど記念になる「おむつバスケット」のおススメ 

 

MARLMARL(マールマール)の「おむつバスケット」※オムツは「パンパース」

 

お祝いには、見た目も大切ですよね。


スタイは、料金がかかりますが、刺繍していただけます。誕生日と名前をいれたあげたら、もっと喜ばれますね。

 

この【MARLMARL(マールマール)】のおむつバスケットを詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧くださいね。

それにしても、オツムがない時代は、大変だっただろうと思います。

 

布オムツも見直されていますが、わたしには無理!(笑)

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

びなっち(Keino Naoko)

いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、美容と女性起業に詳しいです!!