一人っ子、かわいそう?わがまま?不安だらけになりたくない!我が家の4つの教え

The following two tabs change content below.

びなっち(Keino Naoko)

いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、美容と女性起業に詳しいです!!

 

義母から「一人っ子は、寂しいのよ。早く結婚させちゃいなさい!」

 

笑顔がひきつり、ムカついているわたし。

レジンクラフトデザイナーびなっち(@beauty_nachi)です。

 

高齢出産だし、次の出産が難しい「赤ちゃん欲しいけど無理派」に所属するものです。

 

わかりますよ。

義母の気持ち。

 

 

あなたも一人っ子で兄弟がいない寂しさから

「一人っ子の女の子はかわいそう、それにわがままになる(自分もだから?)」

という発想なのでしょう。

 

 

 

この現状を受け入れたわたしが、娘にしていること。

「一人っ子でも寂しくなく、強く生きていけ!」プロジェクトをお伝えします。

 

 

 

そもそも論|兄弟がいたのなら、寂しくないの?

ちょっとした疑問です。

 

わたしはがいます。

お互い結婚してからの方が、仲がいいです。

それまでは、ほとんど交流なく。

 

姉が何をしているかも興味なく、母から近況を聞いていました。

 

仲良くなったのは、お互いの結婚

共感、共有できる話題が多くなったからですね。

 

今では、ハンドメイドで一緒に仕事の共通点も見つけられました。

ハンドメイドマーケットに姉妹で出品します!

 

(軽く、お知らせを挟みつつ・・・)

 

 

 

一方で、主人といえば?

主人には、弟がいます。

ここ、4年以上、会っていません。

年賀状のやりとりだけ。

 

絶縁してたってのもありましたけど。

 

『いつか、仲良くなるのだろうか?』

 

こういう時、「お嫁さんのつながり」がないと男兄弟は、仲良くならない気がします。

 

絶縁でもわかるように、それ以前に弟夫婦にも同じことが、合ったようですし。

なかなか、近寄りがたいものがあるのかな・・・と想像するわけです。

 

あとは、仲良くなるもならないも、本人の性格でしょ。

 

 

この教訓から、

娘の「一人っ子でも寂しくなく、強く生きていく!」プロジェクトが出来上がりました。

 

 

 

「一人っ子でも寂しくなく、強く生きていけ!」4つの教え

これは、わたしが勝手に考えて、行動していること。

最初にお伝えしますが、今、5歳だし、いいか悪いかなんて、わかりません

 

教え、その⑴ 異常なほどの愛情・溺愛

兄弟がいない分、「対等に」「平等に」と考える必要がありません。

 

とにかく、

 

 

「可愛いーーー!」

「好きだよぉーーー!」

「なんて良い子のなのーーー!」

 

 

抱きしめたり、頬にキスをしながら言葉で、

彼女にとって「嬉しい言葉」を伝えています。

 

 

そして、

「クリスマスプレゼント」はありません。

 

普段から、クリスマスプレゼント級のおもちゃを買っているのです。

 

言い換えれば、「いつでもクリスマスプレゼント」でしょうか。

 

これには、賛否両論の声も聞こえてきそうです。

もちろん”親の懐事情”もありますから、いつくかのお財布を使い分けしています。

 

我が子には、いくつかのお財布が存在するので、その点では、恵まれているかもしれません。

 

愛情をたくさん注いだ子供だから、人に優しくなれると思うのです。

 

 

教え、その⑵ 厳しく叱る・突き放す

一人っ子は、わがままに育つ傾向にあると思います。

 

親からの愛情を独り占めできるのです。

兄弟がいれば、「譲り合い」の場面が多くなります。

 

何かを、厳しく躾けるのが大切だと考えました。

 

それは、”時間”について厳しくしています。

「時間を金で買う」という考え方

 

時間を無駄にするというのは、お金を無駄にしているという意見の持ち主。

 

『早くしなさい!』

 

つい、言ってしまいがちな会話です。

 

それに、必ず、なぜ『早くしなさい!』言ったかを説明してます。

 

 

その時、

 

「あなたの〇〇が、できなくなった」

「ママは、〇〇ができなかった」

 

と、突き放した言い方をします。

 

一見、冷たいママ、愛情が足りないように思えますが、ママだって人間です。

 

感情を抑えすぎて、爆発した時に「体罰」にならないためにも、必要なことだと思っています。

 

2歳時の時に手をあげてしまって猛烈に反省した記事です。

 

 

効率的に動くことを覚える

これには、スパルタが良いかと思って実践しています。

 

 

教え、その⑶ 人に笑顔で挨拶する、笑顔で親切する

笑顔で挨拶されたら気持ちいいですよね。

笑顔で親切にされたら嬉しいですよね。

 

エレベーターに人と乗り合わせた時、あなたは、どんな対応をしますか?

 

わたしは、「エレベーターガールになる」

操作パネルの前に立つようにします。

 

『日本人の男性は、「レディーファースト」の国を見習えっての!

我先に降りようとするよねw』

 

子育てして思ったのは、

「子供って、親の顔をよく見ているな・・・」

 

間接的なんですが、人前で堂々としている(笑顔で余裕)

ということにつながれば良いと考えています。

 

 

 

教え、その⑷ 人とのつながりを親自らが体験

ブログを始めてよかったのこと。

 

 

色々ありますが、

SNSの使い方

わたしを大きく成長させてくれています。

 

Facebook、Twitter、Instagramを通して、人とのつながりができるという実感を得ました。

 

 

過度な期待をすると、「心の傷」になってしまうこともあるかもしれない。

ただ、これからの世の中は、ネット社会

 

この流れに、逆らうことはできません。

 

学校教育の中でもパソコン学習も必須科目になるわけですから。

 

親が、良さも悪さも、きちんと知っていること。

ネット社会で、怖いだけじゃない、面白いこともたくさんあることを伝えたい。

 

本人も失敗するでしょう。

でも、対応してあげられる自信があります。

 

一人っ子でも、生き抜く力の役立つと考えています。

 

娘が、ブログを書き始める日も、そう遠くはありません。

 

わたしが起業してあれこれビジネスついて書いているブログ「BENACHI|びなっち」も良かったら呼んでくださいね!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

子育てに、正解がない

 

本当に、そうです。

 

取り返しもつかないから、怖いところ。

でも、自分で良いと思うことを、実践していくしかないのです。

 

子供の反応のみて、「良いかも♪」を続けていきましょう!

 

では。

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

びなっち(Keino Naoko)

いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、美容と女性起業に詳しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です