MAM KNIFE

「ふろく」がゲットできる無料メルマガ会員登録はこちらから!

パパはゲーム好き、どうしたら子育てに参加する?パパスプーン相談コーナー

 
  2018/01/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -
びなっち(Keino Naoko)
いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、レジン「オルゴナイト」・美容・起業に詳しいです!!

【パパスプーン】の読者お悩み相談コーナーです。

 

ども、びなっちです。

 

パパスプーンとは?

2つのコンテンツをご用意

① パパ会:パパスプーンのメンバーの深夜のトークショーです。

② 相談コーナー:「パパの気持ちが知りたい」「パパの気持ちがわからない」というママからのお悩みにこたえてもらうコーナーです。

 

本日は、②相談コーナー、読者さんからのお悩みです。

 

相談にのっていただくのは、パパスプーンメンバー「松原潤一さん」です。

 

どんなパパさんなの?

 

さて、どんな質問?、そして相談した結果は?

 

 

20代後半のママ|ゲーム好きな夫に言いたい!!

(動画は、聞き流しがオススメです^^)

 

実は、ゲームが大好きな松原潤一さん(以降「潤一さん」)

さて、今回の相談コーナーは、どんな展開になるのでしょうか?

パパの育児参加

読者さんからのいただいた質問ですが・・・

タイミング良く!ゲームの話なんですよ。

おおおーー

そして、20代後半のママさんからです!

お、20代後半のママさんね、了解!!

リスナーさんの相談なんですが・・・

 

20代後半のママの悩みは?

赤ちゃんの育児をするときに、ゲームや動画をみながら抱っこしているのが、すっごく嫌です。

別にゲームや動画を観てもいいのですが、30分でいいから真剣に赤ちゃんを抱っこして欲しい、向き合って欲しいのです。

(子供に対する愛情が薄い?)旦那さんが真剣に赤ちゃんと向き合うには、どうしたら良いでしょうか?

言ってもやめないのでアドバイスをいただきたいです。

 

男性、ゲーム好きですからね。

8ヶ月のお子さんなんですよ。

だから、まだまだ抱っこが多い時期なんですね。

 

(どうやら、抱っこしながらのスマホは、その子へ愛情を注いでない!って感じてしまうようですね・・・)

 

(抱っこ中、暇!?)スマホで動画を観ちゃてるみたいなんです。

子供に真剣にあやして!!ってすごく思っているようです。

うん、うん、すっごく、よくわかる!

そそ、両方わかるんだよね。お父さんのことも奥さんの気持ちも。

でも、お父さんもわかってると思うやけど。

 

(ムムム、ゲーム好きな潤一さんだからこそなのか?)

 

ママも一人目だし、子供に気を遣いたいのものすっごくわかる

ただ、パパさんは会社員なのかな?人間関係とか外でのストレスあるじゃないですか。

だから、息抜きを家の中に求めるものわかるのよ

この家にいる時間くらい、なんか好きにしたいって思うんです。

 

(・・・赤ちゃんは喋らないし、反応が薄いからずっと抱っこというのも辛いのかもな・・・)

 

でもね、旦那さんが奥さんの気持ちを組んであげるのはしないとね。

ちょっと我慢してあげたら良いのだろうけど・・・

取り上げたらダメですか?

喧嘩になるだろうな・・・・

私なら、とりあげます!

 

ちん

 

もしかすると、それ以外にも奥さんから色々言われたら、家でもストレス溜まっちゃうかな。

ん・・・夫婦関係に亀裂が入っちゃうかもしれない

(子供が産まれてから、「パパにイライラする」「愛情が薄くなった」とか、

ほんの些細なことから夫婦間の亀裂になるのかもしれません!)

 

 

ママの気持ちを伝えたい!その方法とは?

「30分でいいから」子供と向き合う時間を作って欲しいとわかってもらえる何か良い方法はありますか?

なんやろー?

 

(ないんかーい)

 

ちょっと私が家事をしている間だけとか、私が戻ったら、お願いしたいとか・・・

響きますか?

ん・・・、ゲーム自体が、嫌がられていると思っているかもしれないから。

「ゲームは良いのよ♪」って、甘える感じで言ったら、「あーそっかぁ・・・」てなるかも

 

はっはっはっは(大笑い)

 

なんかぁ、喧嘩腰に言われるとちょっと追い込まれて行くんですよ。

自尊心をくすぐってあげる感じ?

「いつもありがとー、ストレスたまってるよね、だからゲームで発散するんだよね。」

 

はっはっはっは(大笑い)

(こんなこと言えない派=鬼嫁)

 

「でも、こんときくらい可愛い赤ちゃん抱っこしてるときは向き合って」

あとは、ストレス発散して良いんだよ全然♪

自尊心を傷つけないであげると、やる気になるかなw

 

はっはっはっは(大笑い)

(そんなこと言えるかぁ派=鬼嫁)

 

(そもそもママも抱っこしながらスマホ観たりしていないのかな・・・)

 

男性は、ハート弱いですか?

弱いんですよ、ハート。

男性の取り扱いは、盛り上げたり、コロコロさせるのがやっぱり良いんですかね。

合ってますか?

パパは、褒めてもらえないんですよ、だって、褒めないでしょ?

褒めない!

 

はっはっはっは(大笑い)

(トドメ=鬼嫁)

 

子供と一緒、褒めて伸ばす

パパの子育て

褒めないことしてないかもしれないけど、ちょっとのことで褒めてあげて!

子供一緒なんだよね、褒めて伸ばす。

 

(・・・粗ばっかり探してる・・・)

 

褒めたってよ。

そうですね・・・なるほど

でも、褒め方が、イマイチわからないけど、

例えば日常の「前髪切ったとか」ちっちゃいこと気付いてもらえると女性は嬉しいけど、男性の褒めるポイントは

いや、いや、細かいところは良いのよ。

褒めて欲しいのは、自分がやったことに対して褒めると伸びると思います。

「洗濯物畳んでくれてありがと♪」とか褒められると「あ、俺ってできるやん!」て思うのよ。

 

(「俺ってできるやん」・・・そっかぁ)

 

(気分良く)また、たたみ始めますよ。

 

はっはっはっは(大笑い)

(歯が浮くわ=鬼嫁)

 

読者さーん

わかりましたか?

やったことに対して褒めてあげる!これですーーー!

そうそう、ちっさいことの粗探しじゃなくて、ちっさいほんの些細なことでもやってくれたら褒めたら男性はちょー気持ち良いんですよ

茶碗を片付けたちょっとした小さいことでも「うわーパパすごい!」とか?

そそそ。

いつもじゃないけど

・・・心の言葉は押させてもらってね。

それを習慣づけすると自然とやりよるよ。

(まさに犬だ、わんわん)餌づけみたいな・・・

犬みたい、褒めて伸ばして

 

はっはっはっは(大笑い)

(男って単純よね by鬼嫁)

 

そっかぁ・・・前髪がポイントじゃないんですね男性は。

容姿じゃなくて、男性はやったことの評価なんですね。

お父さんを褒めてーーー!

そしたら、もっと伸びるから。

 

(う、うん)

 

旦那には、旦那さんの愚痴はあるよ。

奥さんと合わないところは、あるじゃないですか?

もともと、男性脳、女性脳が違うって言われてるんやし。

それに口では勝てへんし、男性は

 

はっはっはっは(大笑い)

(絶対に言い返したい! by鬼嫁)

 

そそ、男性は口では勝てへんし

 

(大切なことなので、2回言いました)

 

追い込まれるとゲームに逃げたくなっちゃうんだよね。

納得しました!(私が?)

よかった!

 

はっはっはっは(大笑い)

(なぜか、笑う。by 鬼嫁)

 

「ありがとう」って、大切な言葉ですよね。

そそ、でも妻にも同じように「ありがとう」って言わないとあかんけどね。

言ってつもりやし。

・・・私の旦那は、言ってくれない・・・

 

(不安そうな目で観てる潤一さん・・・)

 

また、今度相談に乗ってもらいまーす。

 

はっはっはっは(大笑い)

 

そうすね。

男性と女性の考えてることの違い、発見できました。

20代後半のママさんも納得したと思います!

ほんまか???

ちょっとずつ、褒めてくださいね〜

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

あなたも、喋れない、反応が薄い赤ちゃんのとき、抱っこしながらスマホを観たりしていませんか?

「ちょっとなら、わかってないだろう」という気持ちで。

 

だって、ママの育児時間が長いし「ちょっとなら」と思いますよね。

 

パパなんか、仕事から帰ってきて「ほんの少しの時間しか育児参加してないのに・・・」とついイラっとします。

 

でも、外で働いているパパは、家で「好きなことをしたい」と「わかってないからスマホ触っててもいいんじゃない?」と思う。

それは、あなたと一緒なのかもしれません。

 

私も、「抱っこの時間は暇だな・・・」を思う一人でした。

 

パパをその気にさせるならば、「褒め倒す」が効果的かも。

ちょっとくらい図に乗るのもいいのかもしれませんね。

 

(私は、耐えられないけど by鬼嫁)

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

ママナイフキャラクターグッズ販売中

ママナイフのおなじみのキャラクターがグッズになりました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
びなっち(Keino Naoko)
いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、レジン「オルゴナイト」・美容・起業に詳しいです!!

 




Copyright© ママナイフ by びなっち子育て , 2018 All Rights Reserved.