MAM KNIFE

在宅パパの育児時間はどのくらい?「松原潤一さん」パパスプーンメンバーご紹介

2018/05/22
 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
びなっち(Keino Naoko)
いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、レジン「オルゴナイト」・美容・起業に詳しいです!!

 

潤一さんは、「おかあさんといっしょの歌のおにいさん」みたい。

そう優しい感じで、めっちゃ笑顔な人。

さて、どんな家庭なのか、聞いていきましょう。

 

ども、びなっちです。

 

潤一さんは、子供とよく遊ぶ父親

在宅ワークというパパであっても、「ここまでするのか!?」

それは、まさに「鈴木おさむさん?」と思わせるほどの子煩悩。

 

仕事も育児もまさにスーパー主夫!今でも人気ものなんですけど、パパの魅力も知ってほしいですね。

 


【スポンサーリンク】

パパスプーンメンバー「ブログの先生、潤一です!」

 

(お時間のある方は、聞き流しでお楽しみください。びなっち、今回は、化粧が濃い目です!!)

 

お住まい・お仕事は?

笑顔が素敵ですね♪

ヘラヘラしてますよ

 

(なんか気の利いたこと言わなきゃ!)

 

いや、素敵ですよ・・・

 

(気の利いている言葉が、それ???)

 

さてっと。

 

どこにお住まいか、都道府県を教えてください。

大阪に住んでいます。

本当は、岐阜出身なので、エセ関西人です!

 

(エセ関西人?)

 

へー、ソウナンデスカ?

で、お仕事は、何をしていますか?

ハハハハハ・・・(そこ、つっこまないの?)

仕事は、個人で会社を経営してまして、ブログ運営を教えている仕事です。

詳しくは、色々な方がいらっしゃるのですが、

中小企業や個人事業主の方へブログでどんな書き方をしたらいいかとか、ブログの運営方法だったりを個人的に教えています。

そのほかには、セミナーなどの講師業であったり、オンラインでブログを学べるブログスクールを運営してます。

 

私もこのブログでわからないことがあって検索したら、潤一さんのブログへ辿りついたのです。

他の疑問も、検索すると潤一さんのブログへたどり着く。

 

私のパソコンがウィルス感染したのではないかと疑ったほどでしたw

 

潤一さんのブログ『ジュンイチ

 

潤一さんの運営するブログスクールはコチラ

 

 

年齢・結婚歴・お子様は?

年齢は?

80年代。30代ですね。

若く見えますよね・・・!

ほんまですか??

年齢より上に見られますけどぉ

 

・・・・・(すぐにバレる、お世話はやめよう)

 

ちょっと、褒めてみました・・・

もうね、年齢気にならなくなりましたね。

年齢相応ですかね(褒めてないやん)

 

シーン・・・

 

結婚して何年目ですか?

9年めです。

おおおぉーーー!そして、来年は節目の10年目!!

 

10年目なんでね、何かしようかと。

え?テンダイヤモンド?(ちょっと古いかも・・・)

本人は、「いらんよー」と言ってますけど、でもあげたらきっと喜んでくれるでしょ?

(うん、超嬉しいですよ、そりゃ!)サプライズとかするのですか?

昔は、よくサプライズしてたけど・・・今はね・・・

お互いたるんでますよ。

だからこそ、久しぶりにしたいですね。

夜のヘリコプターをチャターして・・・

「夜空のダイアモンドを君に♡」

真面目に潤一さんだったら、するでしょう。

その時は、ママナイフメンバーが直撃レポで、同行させていただきます!!

 

 

お子様は何人いらっしゃいますか?

二人です。5歳の娘と5ヶ月の娘、どちらも女の子です。

わぁ、5ヶ月ですかぁ、おめでとうございます!

でも、大変ですよね。

まぁ、夜寝なくてね・・・

夜の授乳はなくなった?

夜は、寝かしつけとかしてます、

 

え?

 

妻に休んでもらおうと思ってね。

 

え?

 

昼間は、妻がやってますよ、もちろん

 

はぁ・・・

(サラって言ってるけど、結構、すごいことじゃございませんか??)

 

 

奥さん・育児・イクメンについて

育児分担が相当な割合な感じが・・・

そ、その前に。

奥さんの好きなところは?

基本全部、好きだよって言ってるんですけど

え?

 

すごく真面目で、なんだろう

価値観が合うところがいいな。根本のところ

真面目に生きていくとか、人に迷惑をかけないとか。

そう言う基本が一緒なところが好きですね。

 

そして、美人だなって、思っています。

 

(え?なんて?)

 

美人です、美人ですよね。

ここまで、褒めるって、すごいですよね。

知り合って何年ですか?

僕が大学4回生の時に知り合ったから13〜14年くらい

一目惚れですか?

そうです!!

 

(だよね)

 

ゲットするまでの時間は?

卒業旅行の時、ゼミの旅行で妻は2回生で初めて話しました。

それは、それで終わったのですが。

(それから時は流れ〜)

社会人になって、妻が就活の相談で連絡がきたんですよ。

その時(甘い言葉で)相談乗るよって言って。

『あの時の可愛かった子や!』(ガッツポーズ!!)

チャンス到来って感じですか!?

それをきっかけに押して、押して押しまっくったんですよ。

 

(どすこい!どすこい!押し倒し!!)

 

それから、2、3年してプロポーズ♡

(私は意地悪おばさんやで)

そんな奥さんの嫌いなところをあえて聞きます!

嫌いなところは?

僕は、ズボラなんでね、大雑把で。

それを妻は、ストップしてくる役割。

いつも「考えた方がいいよ」と言われてます。

 

(対照的な2人なんですね。バランスが良い!)

 

強いて言えば、そいいうところが合わないかなって。

でも、それで救われることもあるのでね・・・まぁ、いいのかな。

じゃー(その意見で)喧嘩もするでしょう?

しますよ、適度にね、そう適度。

て、適度???

喧嘩の理由は、具体的になんですか?

 

口で勝てないんですよ。

 

ぷっ!

 

気持ちを伝えられないくて、どんどん溜め込んで、爆発しちゃうんですよ。

でも、妻も爆発しちゃうし・・・

結局、ごめんなって謝るのは、こっち。

 

(謝れる男性だ!)

 

ふつふつした感情を抱えたままで、「ごめんな」って。

気持ちを伝えちゃうとエスカレートしちゃうので。

ここは、大人な対応なんですね!

でも、どんな内容なんですか?

ほんの些細な、ちょっとした態度でじゃないですか?

なんとなくわかります。体調次第というか、気分次第というか、、、

なんでもなく受け止められる時と、カチンと来る時とか。

あとは、あるある話なんだけど、

女性の「話を聞いて欲しいだけ」、でも、男性の「こちらかとすると解決してあげたい」

結局、聞いて欲しい欲に負けてしまうのよ。ほんとはスッキリ解決したいけど・・・

でも、しゃーないのよ。

 

聞いたあげて結論を出さない。

 

そ、そうですね、それがいい、それでいいんです!(上からすぎw)

 

さてさて、話は戻り、育児分担です!

 

分担をきっぱり決めているわけではないけど、

決まっているのは、赤ちゃんの夜の寝かしつけは僕がしてます。

それって、ほんと嬉しい(涙)

母乳とミルクの混合なので。

でも、母乳は僕はできないのでね。

 

は?

 

出たらいいのになぁ・・・やってみないけど、どんな気持ちなのかとか?

永遠のテーマですね。

(なるかぁ!)

母乳を飲ましたら、奥さんからのバトンタッチ。

すんなり寝てくれるときとはラッキー♪

寝てくれない時ももちろんありますよね・・・

夜泣きとかは、始まりましたか?

たまに、しますね。

えーん。撮影最中に鳴き声が・・・

この様子は、動画でお楽しみください。

 

まぁ、僕が仕事をしているときは、妻が。

でもお昼の時に、妻が休みたければ、僕が赤ちゃん抱えながら仕事してます。

 

は?

 

そっか、基本的に、仕事を家出しているので、育児参加率が高いのですね。

(もしかすると)洗濯や掃除もしてるんですか??

まぁ。でも、二人とも掃除は苦手ですよ。

 

は?

 

5歳児が、部屋をよく汚くしますから、掃除は大変です・・・。

 

はぁ・・・高い育児参加率!!

 

もう、(毎日で)逃げたくなりませんか?

育児から逃げたいというより、育児は疲れる感じですかね。

離れて息抜きはありますか?

お互いにしたい時があるので、ちょっと疲れているのを顔色見て息抜きをしてあげますし、してます。

 

(奥さんへの気遣いも忘れていないですね)

 

子供が生まれる前と生まれたあとで、夫婦の関係に変わったことは?

根本は変わっていないですね

妻が強くなりました!

 

守ってあげないなって、思ってたけど子供が産まれて強くなったと思いますよ。

やっぱり、母は強しです。

守ってあげなくちゃエピソードってあるのですか?

ありますよ!

自動車学校の合宿に行ったとき、1週間くらいで寂しいと帰っってきちゃったんですよ。

 

はぁ?

 

寂しいからですか?どんだけ一緒にいたいんですか?

ほんと、可愛い妻なんですよ。

(はぁ?)

ほとんど、離れてたことはないですか?

2、3日以上離れた経験はないですね

でも、今は、強くなったんですよね。

でも、長い期間離れていると不安らしい

 

はぁ?

 

依存心が強いんですね。

信頼度が高い、頼られています!

まぁ、ありがたいことです。

潤一さんは核家族

実家からも離れているし、近くに頼れる人もいないので、お互いにお互いが支える人になる

 

依存までではないけど、出張の夜は、一人で楽だな・・・と言う反面、寂しいなぁ・・・って。

 

・・・・

 

会社員とは全然違うスタイルで、長い時間一緒にいることが多いけど、それでも一緒にいたい

 

・・・・

 

飲みに行ってもはよ帰りたいと思う人。

飲み会も、なんの時間だろと考えう人。

 

世の中のパパよ、65歳定年を迎えたとき、家庭であなたのいる場所ありますか?

 

最後に

イクメンと言われますか?

イクメンと言われます!

周りからよく言われますけど。

でも、イクメンという言葉は好きじゃない。

 

女性が育児や家事を担当と根強く残っているので、パパが少し参加したら「きゃーイクメン」となっている雰囲気がいや

実際には、会社員の経験と家で仕事をしていて育児に関わっていると、育児はかなり大変なことだとめっちゃ実感しているんですよ。

 

二人で、二人の子供だから育てるのが当たり前 「いくママ」と呼ばれないのは違うかなと思います。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

9年目、来年は10年の節目ですが、今でも「あっつ、熱の夫婦」であり、「夫婦で育児」なのです。

 

在宅ワークで家にいっしょにいる時間が長いはずなのに、1日離れただけで「寂しい・・・」という家族なのです。

 

そうこれは、世の中でいう「熟年離婚」なんて無縁なのでしょうね。

 

ただ、育児パパの鏡でありながら、どうやらゲーム好き・・・(なにやら嵐の予感!)

 

これからの読者相談会やパパ会での話を聞かせていただきいと思います!!

 

松原潤一さん、インタビューありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
びなっち(Keino Naoko)
いろんな事にチャレンジすることが大好きな「ママナイフ」の管理者兼ライターです。 ジャンルは、レジン「オルゴナイト」・美容・起業に詳しいです!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ママナイフ , 2017 All Rights Reserved.